大田区で行われた葬儀に参列しました

仲間と先生の葬儀へ

尊敬する先生が亡くなった : 仲間と先生の葬儀へ : 先生との良い思い出の一つになった

先生が亡くなられたのは突然の事でしたが、急いで新潟県にいる仲間と連絡をとり先生の葬儀に向かうことにしました。
葬儀はセレモニーホールで行われましたが、わたしが通っていた大学から比較的近い大田区のセレモニーホールが会場でした。
先生とは学生の時はもちろん、卒業してからも定期的に交流があったものの、先生のご自宅が大田区だということを知らずに恥ずかしい限りです。
喪主は、先生のご長男でした。
わたしはお会いするのは初めてでしたが、わたしの仲間の話では先生と同じ大学にお勤めとのことです。
亡くなられた先生は10年ほど前に退職していましたが、そのご長男が同じ大学にお勤めということをとてもうれしく感じました。
葬儀はセレモニーホールですので、参列しているわたしたちも、先生のご家族の方も安心して式に臨むことができました。
わたしが暮らしている新潟県の地方部では、今でも自宅で葬儀を行うことがあります。
自宅での葬儀は、故人にとって最も思い出深い場所ですので良いことだと思いますが、ご家族の方や近所の方が忙しくなってしまうので、ゆっくりと故人とお別れできないことが少し残念だと思っていました。